« ああ、懐かしの少女漫画 | トップページ | 妖怪人間ベム »

追伸:日野日出志

そうそう、カオルコさんの本を読んでいて

ひとつ謎が解けた。

どこで読んだのか忘れたが、

子どもの頃に、めっちゃ気持ち悪いマンガがあった。

作者も、題名も、ストーリーも覚えてないが、

とにかくコワいというか、気持ち悪かった。

記憶の片隅にあって、たまに気になるのに

どうしても思い出せない。

たぶん、日野日出志。

動物や虫が体に寄生するようなストーリーが

多かったような気がする。

こんな絵です↓ 別にコワい場面じゃないけど、

フツーの人がコワくないですか。

これがぐちょぐちょしたひには、あなた!

05cc7d20fc3c9453f9390ce5aa25a026

ありがとう、カオルコさん。すっきりしました。

|

« ああ、懐かしの少女漫画 | トップページ | 妖怪人間ベム »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

日野日出志、小学校の頃(なぜか女子の間で)すごく流行りました。あの頃はただ怖い、気持ち悪いという印象だったけれど、今思えばけっこう哀しいお話が多いんですよね。
『地獄の子守唄』は私のトラウマ本です。

投稿: Rashisu | 2012年2月18日 (土) 11時11分

まさにトラウマになる、といっていい絵ですよね。
私はコワい系が好きだから、もう一回読みたいと
思うけれど、二度と目にしたくないと思った人も
多かったと思います。
やっぱり、小学校で読んだ気がするので、
誰かが持ってきたのでしょう。

投稿: konohazuku | 2012年2月18日 (土) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追伸:日野日出志:

« ああ、懐かしの少女漫画 | トップページ | 妖怪人間ベム »