« タイタニック号 | トップページ | 武藤与志則 »

努力しないで作家になる方法

どうして、こんなタイトルにしたのでしょうね。

フィクションだと断ってあるけれど、

著者、鯨統一郎さんの作家になるまでの

長い道のりを綴ったもの。

多くの作家の卵たちの例にもれず、

各賞に応募しては落ち、

応募しては落ちを繰り返し、

養わなくてはならない妻子を抱え、

生活のために不本意な仕事をしながらの奮闘記。

まわりからは、もういいかげん諦めたらと言われつつ、

それでも、どうしても自分に嘘をつけない。

好きなことを実現させるために邁進することを

努力とは言わないという意識なのかもしれないが、

読んでる方にしてみたら、ひたすら努力の塊。

己の姿と重ねながら、

こんなにやってるか、自分?

ボツだらけでも、企画書出しまくってるか?

ホントに翻訳が好きなのか?

と、思わず自問してしまう。

ただ○○が好きなくらいでは、

所詮アマチュアの趣味でしかないというくだりは、

いちいちグサグサ。

夢中になって読み漁った本の羅列もおもしろく、

江戸ものを夢中になって読んだ後は、

つい侍言葉で受け答えしてしまう場面など笑えた。

鯨統一郎(光文社)

Ba28f31bs

|

« タイタニック号 | トップページ | 武藤与志則 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/54485184

この記事へのトラックバック一覧です: 努力しないで作家になる方法:

« タイタニック号 | トップページ | 武藤与志則 »