« 努力しないで作家になる方法 | トップページ | サイボーグ009 完結編 »

武藤与志則

今朝の読売新聞に、

高1の時、同じクラスだった同級生が載っていた。

東京で劇団をやっていたのだけど、

震災後、南相馬市に移住して、

現地の人たち、特に子どもたちを元気づける活動をしているようだ。

入学式の時からすご~く印象に残る人だった。

カッコいいとかそういうことではなく、

とにかくちょっと変わっていて、初めて会うタイプだった。

ワルなんだけど、性根が腐ってないというか。

ツェッペリンのレコードを1~5まで、

バーンと貸してくれたり、妙におもしろい人だった。

特に女子は、嫌いな人は嫌いだったみたいだけど、

どこか憎めないところがあったなあ。

恋という感情ではないが、不思議と気になる存在だった。

当時も目立つ風体だったけど、数年前の同期会で会った時も、

髭もじゃのアイヌ人のような風貌で、相変わらず。

正義感が強いというのとは、ちょっと違う。

そういう正統派のヒーローじゃない。

でも、南相馬に移住したのも、

困っている人を放っておけなかったのだろう。

そう思うと、すぐ行動に移せる人なのだ。

|

« 努力しないで作家になる方法 | トップページ | サイボーグ009 完結編 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

拝見しましたよ。うちも読売なんで。
このブログ読む前では、お~インパクトある人と思っていただけが、
え~~同級生なの?
と、また読み直しちゃったですよ(笑)
たしかに行動力はすごい人ですね!
奥さんもバイタリティありそうですよね。

投稿: うなみ | 2012年4月19日 (木) 10時56分

そーなんですよ。
ひと目見たら、忘れられないインパクトでしょ。
自分を含めて、何かしなくちゃと思いつつ、
動けない人間が多い中、こういう人は
すごいなと思います。

投稿: konohazuku | 2012年4月19日 (木) 22時31分

高校のときにはダンペイと呼ばれていましたなあ

いまじゃあ、南相馬の住人じゃあ!

住みやすいところです

人が優しい!
食べ物がおいしい!
美人が多い!

ボランティアと地元の若者たちが作り上げた
「相双神旗ディネード」観てください

http://www.youtube.com/watch?v=ooExRI4NSco&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=sXZPJoRsuAo&feature=relmfu

投稿: 武藤与志則 | 2012年4月23日 (月) 02時09分

おお、ご本人登場!

投稿: konohazuku | 2012年4月28日 (土) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/54501476

この記事へのトラックバック一覧です: 武藤与志則:

« 努力しないで作家になる方法 | トップページ | サイボーグ009 完結編 »