« 第一阿房列車 | トップページ | 手をとりあって »

トレイルラン

昨日、トレイルランニングの番組をやっていた。

富山湾から、駿河湾までの415キロ、

日本の真ん中を縦断していくレースなのだけど、

平坦な道を走るんじゃありませんよ。

北アルプス、中央アルプス、南アルプスの山道を

ひたすら走り、8日間でゴールしなくてはならない。

山の雄大な景色を眺めるヒマなどなく、

食事や寝る時間もロクにとらずに

天候が悪かろうが何だろうが、

ただただひたすら完走目指して走る。

賞金が出るわけでもなく、

いったい何が楽しくてこんなことするの?

というくらい無謀なレースなのだけど、

つくづく人間って、こういう天邪鬼なものなんだなと思った。

どんなに便利な世の中になっても、

わざわざ苦しい思いをして汗をかいて

めんどくさいことをするのが人間。

きっと宝くじが当っても、

やはり自分のできる仕事をして、

自分の手でお金を稼ぎたくなるのが人間。

自分なりに何かを成し遂げる達成感って、

欲望のひとつなのだろう。

|

« 第一阿房列車 | トップページ | 手をとりあって »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/55887633

この記事へのトラックバック一覧です: トレイルラン:

« 第一阿房列車 | トップページ | 手をとりあって »