« お伽草子展 | トップページ | 神田古本まつり »

探偵はBARにいる

大泉洋主演の札幌舞台の探偵もの。

事件に絡んでくる登場人物に

ちとミスキャスト感があったけど、

後から考えると、ああせざるをえなかったのだろう

という意図も垣間見え、単純におもしろかった。

酒、タバコがんがん、アンチ携帯派、

冷めてて熱くて、ちょっとはちゃめちゃだけど、

一本筋が通ってる感じが、

なんだか、今は絶滅してしまったような

昔懐かしいレトロな探偵の姿。

松田龍平とのコンビもどこか抜けていて楽しい。

ポンコツ車ビュートが、寒さか古いせいか、

よく動かなくなり、ふたりでなだめすかして

必死にエンジンをかける場面など笑えた。

昔よく読んだ翻訳ものの探偵って、あんな感じだったよなあ。

それにしても、冬の北海道はめっちゃ寒そうだった。

今日は関東もだいぶ寒いけど。

|

« お伽草子展 | トップページ | 神田古本まつり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56026557

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵はBARにいる:

« お伽草子展 | トップページ | 神田古本まつり »