« ブラックペッパーしいたけスープ | トップページ | サイボーグ009完全読本 »

ヤング・フランケンシュタイン

もちろん、あのメアリ・シェリー原作の

「フランケンシュタイン」がベースのパロディ版。

かの人造人間を作ったフランケンシュタイン博士の孫が、

その遺産を引き継ぐことになり、

じいさんの城を訪ねると、

そこには実験装置の数々がまだ残されていた。

その気がなかったのに、

孫までついつい同じ実験に手をそめることになる。

70年代くらいの映画なのだけど、

わざとモノクロで、城の様子や実験室の様子も

おどろおどろしいけど、

助手のイゴールをはじめ、

まあ、ふざけてるのなんのって。

死体に埋め込む脳を盗みにいったイゴールが、

優秀な人物の脳と、アブノーマルな脳を

間違えてとってきてしまう場面など、吹いた。

ホルマリン漬けになっている脳に

アブノーマルな脳と表示されているのもヘンだけど、

それを、アブ・ノーマルという人名だと勘違いする

イゴールも、あまりにもくだらなくて、おかしすぎ。

|

« ブラックペッパーしいたけスープ | トップページ | サイボーグ009完全読本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56060909

この記事へのトラックバック一覧です: ヤング・フランケンシュタイン:

« ブラックペッパーしいたけスープ | トップページ | サイボーグ009完全読本 »