« 三十三本の歯 | トップページ | 世界の料理ショー »

バイエルの謎

ピアノを習ったことのある人なら、

必ず始めにやらされるバイエル教則本。

ところが、このバイエルという作曲家、

いったいどういう素性の人なのか、

どのようにしてこの教則本が日本に入ってきたのか、

さっぱりわからない。

で、著者は調査に乗り出した。

ところが、あまりに記録がなくて、

バイエルは実在しないのでは?とか、

チェルニーがバイエルなのでは?とか、

バイエルは何人かの合同名なのでは?とか、

諸説に振り回される。

ついに生地ドイツまで足を運んでも、

決め手になる資料が見つからない。

何年もかかって諦めかけていた時に、

彼の地で祖父、両親の記録が見つかり、

ファミリー・ヒストリーが判明。

音楽の才能はオルガニストだった祖父ゆずりだとか、

教則本が実は全部変奏曲だったとか、

なかなかおもしろかった。

実家に帰ってもう一度、開いてみたくなった。

安田寛(音楽之友社)

51isinniosl__sl500_aa300_

|

« 三十三本の歯 | トップページ | 世界の料理ショー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56202554

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルの謎:

« 三十三本の歯 | トップページ | 世界の料理ショー »