« サイボーグ009完全読本 | トップページ | 上山田温泉 »

音楽の在りて

「トーマの心臓」でおなじみの

萩尾望都センセの本。

SFチックな話が多いのだけど、

私小説的なもの、心霊的なもの、創世記的なもの

この世と別の次元の世界を描いたものなど、

この人独特の世界観が満載。

高い知性を感じる。

特に奈良の新薬師寺の如来さまが忽然といなくなり、

お守りする12神将たちの奔走を描く「守人たち」が

おもしろい。

萩尾望都(イーストプレス)

21lsg8h9w7l__sl500_aa300_

|

« サイボーグ009完全読本 | トップページ | 上山田温泉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56088115

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の在りて:

« サイボーグ009完全読本 | トップページ | 上山田温泉 »