« なんだか | トップページ | 勘三郎追悼 »

オオカミの護符

超ローカルな本なのだけど、

ちょうど今住んでいる場所の近くで

生まれ育った同世代の著者が、

実家の農家に犬らしき動物の絵が描かれた

護符が貼られているのを、不思議に思い、

地元にまつわる“おいぬ”さま信仰について、

調べて歩いたもの。

おいぬさまは、昔は関東近辺に分布していた

ニホンオオカミではないかということで、

御岳山などに足を伸ばして、

地元の人に風習その他を訊いてまわる。

へえということが多く、興味深い。

昔から伝わる信仰というか、

粗末にしたらバチがあたるという人間の感覚は、

どれだけ、コンピュータが発達しても

なくならないだろう。

また、なくなってしまったら、まずいだろうな。

小倉美恵子(新潮社)

4103316918

|

« なんだか | トップページ | 勘三郎追悼 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56278554

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミの護符:

« なんだか | トップページ | 勘三郎追悼 »