« 恒例女子会 | トップページ | フロ掃除 »

はだしのゲン

作者の中沢啓治さんが亡くなった。

子供の頃に、学校でこの映画を観せられて、

ものすごくショックだったのを覚えている。

もちろん、作者の実体験なわけだけど、

骨までなくなってしまう原爆の恐ろしさだけでなく、

戦争に異を唱えただけで、

特高に引っ張られて拷問を受ける理不尽さが、

たまらなく怖かった。

どんなことがあっても、戦争はしてはならない。

人間が殺しあい、相手を黙らせる状況など、

どうあっても正当な理由にはならない。

それは、もはや人間ではない。

|

« 恒例女子会 | トップページ | フロ掃除 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56403494

この記事へのトラックバック一覧です: はだしのゲン:

« 恒例女子会 | トップページ | フロ掃除 »