« せこい | トップページ | スキー »

罪悪

前作『犯罪』と同様、

弁護士だった著者の体験をヒントにした

罪の数々。

相変わらず淡々と空恐ろしい話を綴る。

罪悪というタイトルだけあって、

前作より暗いような気がしたが、

これから何かが起きる、

そして、ラストはどういうオチなのかという

緊張感と、独特な読後感に妙にはまる。

フェルディナント・フォン・シーラッハ、酒寄進一訳

(東京創元社)

1344

|

« せこい | トップページ | スキー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/56561024

この記事へのトラックバック一覧です: 罪悪:

« せこい | トップページ | スキー »