« リサイクルショップ | トップページ | 豊後森機関庫 »

電気代500円。贅沢な毎日

別にこの著者はボンビーだから節約生活してる

わけではないけれど、

ついつい、ボンビーくさい本には飛びついてしまう。

この飽食の時代、余計なものは抱え込まずに

あるもので工夫してやりましょうという内容は、

たいていのボンビー本と同じ。

なければダメと思わず、なくてもなんとかなるという

心持ちは今の私たちがすっかり忘れてしまったことじゃ

ないだろうか。

震災の後で、一時店に商品がなくなってしまった時、

みんな大騒ぎだったけれど、

なければないで、なんとかなるわよと、

うちの親はのんびりしたものだった。

戦争を経験している世代って、強いなと思った。

冷蔵庫も洗濯機も掃除機もない

著者のような生活は、現実にはちょっと無理だけれど

その根底にある精神というものはごもっとも。

食もモノも飽食すぎて、

病気になったり、ふりまわされたりして

却って自分の首を絞めているのが

現代人の現状なのだから。

モノがなくて、みんなが質素だった時代とは違って、

自分だけ、昔のような生活をするのは

なかなかできないけれど、常々確かにそう思う。

要は心の持ちようってやつです。

がしかし、必要なくても買い物という行為がしたいのも

人間のストレス解消本能のひとつで、

余計な買い物をしてくれるから、世の中経済が回っていく。

みんながみんな、この本の内容のような生活をしたら、

どうなるの?という感じだけど、

“ないということの豊かさ”という言葉は、

私のようなボンビーには、

自分の生き方を肯定されてるようで心強い。

それと、古家をリフォームして住むという考えは、

お仕着せの新築マンションを買うのは

ものすごくバカバカしいと思っている派なので、

大いに賛成。

アズマカナコ(阪急コミュニケーションズ)

51yrbrvvil__sl500_aa300_

|

« リサイクルショップ | トップページ | 豊後森機関庫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

来月大学の同窓会主催のイベントがあるので、ちょうど名刺も切らしてたことだし、以前から気になっていた「名刺スタジオ」さんにポチッと頼んでしまいましたbleah

出来上がるのが楽しみ♪

投稿: Nobu | 2013年5月27日 (月) 10時50分

どーもです。
確か自分のサイトにここのサイトを
貼り付けると少し安くなったようなことが
ありましたが。

投稿: konohazuku | 2013年6月 2日 (日) 11時25分

>確か自分のサイトにここのサイトを
貼り付けると少し安くなったようなことが
ありましたが。
わあ、そうだったんですか!
それは知らなかった。次回はやってみようかな♪
なかなかおされな名刺ができて大満足です。
デザインはSOHO向けので、左端に濃いピンクの半円がついてるやつ(笑)

投稿: Nobu | 2013年6月 3日 (月) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/57429136

この記事へのトラックバック一覧です: 電気代500円。贅沢な毎日:

« リサイクルショップ | トップページ | 豊後森機関庫 »