« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

怖いこわい京都

いやあ、堪能しました。

いろいろいわくありげな京都のコワい場所を

地図と首っ引きで、じっくりゆっくり読みとき、

まさに至福の時を過ごしたという感じ。

巷にたくさんある京都魔界紹介なのだけど、

ちょっと違うのは、著者が生粋の京都人で、

流れるような美しい日本語で京の神髄をつづっていること。

聞いた話、自分の体験など、不思議な話を

あげているだけなのだけど、

それが、京都という特殊な地に根付く

理屈ではないなにかであることが、

頭ではではなく、体で感じられるのだ。

もちろん、彼の地でいろいろあったのは事実。

でも、それだけが原因じゃないなにか、

著者曰く、歴史には残らないが、

千年かかって凝った澱や灰汁のようなものが

日常生活のそこここに転がっている。

そこで暮らしている人たちが、イヤだなと思いつつも、

不思議なことと共存しているそんな雰囲気。

それは、もう科学だとか、コンピュータだとかの

問題ではない。

なにげに囲われ、入れなくなっている水たまりとか、

もうそれだけで・・・・・・

コンクリジャングルだらけで、新しいものがどんどん作られ、

車の自動運転までできそうな現代の日本だが、

どこの地にも祭りがあり、なにか見えないものを崇め怖がり、

鎮めようとする風習がある。

それが、この世に住まわせてもらっている人間の本来の姿。

それを忘れた人間もまた怪異のひとつとして、

もちろん、本書の中で取り上げられている。

すべてが理屈で説明できると白黒はっきりさせてしまうより、

わけがわからないけれど、バチがあたるから

こういうことはしてはいけないというような、

曖昧な心意気でいいのではないの? 

一種の宗教なのかもしれないけれど、

そうやって、人は連綿と生きてきたのだから。

そして、こうしたことはこれから先、

どんなにコンピューターに支配された世の中になっても

なくならないと思う。

20代の頃、京都フリークしてて、

しょっちゅう日帰りとかで京都を歩き回っていた。

ちと外国のものにかぶれていた自分が

日本的なものに回帰していった時代だった。

その後、コワい系に傾倒していき、

10年ほど前にミステリーツアーと称して、

京都のいわくありげな場所ばかりを回ったことがあるが、

本書を読んでまだまだ甘いと感じた次第。

いやいや、世の中楽しい。

蛇足ならが、この著者、あのロンドン在住というから超羨ましい。

入江敦彦著(新潮社)

51x1ysxqayl__sl500_aa300_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひつ

急におひつが欲しくなって、

買ってしまった。

ごはん好きだし、土鍋でメシを炊いているので、

保存容器が欲しくなったのだ。

木の香りがなんともいい。

この木が呼吸して、炊いたごはんを

いい具合に保ってくれるという。

木や植物の効用というのはなんとすばらしいことか。

やっぱり、昔の人の知恵ってすごい。

今度は、いい箒が欲しくなってきたなあ。

Cimg2497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーチル閣下の秘書

9784488255022

最近はみんなこういう表紙にしないと

売れないんでしょうかね。

ま、表紙から想像できるとおり、内容はコージーです。

時は1940年。ドイツと戦闘状態のロンドン。

ドイツのスパイやIRAが暗躍する不穏な時代、

いきなり首相チャーチルの秘書に抜擢されたヒロイン、

マギーが心ならずも事件に巻き込まれいくというもの。

主要な関係者は死なないし、話が主人公に都合がよすぎるのは、

まあ、コージーの常だけど、気軽に読めます。

最初のほうに示される、隠された大きな秘密とやらが、

気になって、意外と一気読みできちゃう展開。

戦時中の一般市民の生活や、街の様子などは、

ある程度ホントのことだから、おもしろい。

昨今、北欧などのミステリが多い中、

登場人物がエリザベスだの、ジョンだの、ピーターだの、

英語圏のごく普通の名前ばかりだったのが、逆に新鮮だった。

スーザン・イーリア・マクニール、圷香織訳(創元推理文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮島

広島といえばカキ。

実は、生ガキは苦手なのだけど、

カキフライはオーケー。

多くの人たちが苦しんで亡くなっていったこの場所で、

宮島に渡るフェリーを待ちながら、

川辺のカフェでカキフライとビール。

今の平和な世の中が不思議なことのような、

申し訳ないような気がする。

Cimg2432

もちろん、宮島も初めて。

清盛一族の栄華を象徴する場所。

まさに、なんたるところにこんなものをという感。

諸行無常の響きあり・・・盛者必衰の理をあらわす・・・・

ほんとにそうだね。

Cimg2462

Cimg2464

Cimg2451

もっと、いろいろ山のほうまで歩けるみたいだったので、

一泊くらいしてゆっくり見たかったなという感じ。

Cimg2495

で、やっぱり土産物屋にひっかかる。

ま、これも旅の醍醐味でもあるので、

現地にお金を落とす意味でも、

喜んでのってあげましょう。

広島って、すごくでかい町。

路面電車が便利だし、安い。

Cimg2395

帰りはさすがに夜行バスはきつそうなので新幹線で。

少しでも安くしようと、チケットセンターを探し当てて回数券をゲット。

といっても、ビールやつまみを買ってては同じことなのだけど。

次は究極の廃墟、長崎の軍艦島(端島)に行きたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島

高校の修学旅行は九州だった。

だから、長崎の原爆資料館には行ったことがあるのだけど、

その後、広島にはまったく縁がなくて、

勤め人時代、出張で福山に行ったことがあるきり。

ずっと、ずっと心の片隅で気になってた。

日本人として、やっぱり一度は行っておかなくては

いけないんじゃないかと。

金もないし、台風もきてたので、

ぐちぐち悩んでいたのだけど、

ふいに思い立って、当日に夜行バスを予約した。

なんせ、新宿から広島まで、

ヨーロッパに行けちゃうくらいの約13時間。

もう若くないから相当疲れそうなので、どうしようかと思ったけど

バスだと新幹線の半額。ええい、ままよ。

3列シートだったし、飛行機のエコノミーよりずっと楽チンでした。

台風が去った後の広島は蒸し暑かった。

路面電車で原爆ドーム前で降りてすぐ、

目に飛び込んできたあのあまりにも有名な姿に

心臓がドキドキした。

Cimg2398

そして、今回の目的である原爆資料館へ。

今回慌てて訪ねた理由のひとつは、

投下直後の現場のリアルな蝋人形が撤去されるかもという話が

あったせいもあるのだけど、

やはり、こういう悲惨な過去から目をそらせてはいけないと思う。

人間は時間がたつと忘れてしまう動物だから。

館内には詳しく説明してくれるボランティアの人たちが

そこここにいて、私より少し若いくらいの女性から話を聞いた。

このあたりで、奇跡的に助かった人はたった3人だったそうだ。

そのうちのひとりが今、横浜に住んでいて、

やっと戦後70年近くたって、初めて重い口を開いた。

思い出したくもないことだったろう。

ボランティアをやっている人の中に、

自分は助かったけれど、孤児になってしまった人がいる。

その人も広島がイヤで、ずっと岡山に住んでいて、

60を過ぎてから、こうして戦争を語り継ぐ活動に

身を置く決心がやっとついたそうだ。

戦後、偏見もあり、結婚も就職もうまくいかなかった人たちもいる。

生きていくために、悪事に手を染めて

被爆者だと名乗り出られない人もいる。

原爆は、人を殺しただけじゃない。

生き延びた人たちの人生まで殺してしまった。

話をしてくれた人のお母さんも、

原爆投下の直前に市内から引っ越したそうだ。

もし、そのままそこに住んでいたら、

私は生まれていなかったんですね、と言っていた。

館内は子供たちや、外国人でいっぱい。

子供たちがなにを思うのか、

外国人がなにを思うのか、

わからないけれど、その中のひとりでも多く、

戦争がない平和な世界というものがどれほど大切かを

心に刻みこんで欲しいと思う。

そして、そのためにこうした資料館、

さまざまな活動が不可欠だと痛感する。

日本人として、必ず一度は訪れなくてはいけない場所だろう。

Cimg2496

Cimg2429

ドームから約150メートルほど離れたところにある爆心地。

この上空600メートルで、リトルボーイは炸裂したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・ドラキュラ 不死者

ブラム・ストーカーの甥の曾孫による新・ドラキュラ。

エリザベート・バートリから切り裂きジャックまで、

コワい人オールキャストのマンガのような流れ。

ラストもあの有名な海難事故につながっていくというサービス精神?

ミナとジョナサン・ハーカー夫妻に子供がいるという設定

なんだけど、ドラキュラがいい人すぎて拍子抜け。

話が脈絡ない雰囲気が否めない。

デイカー・ストーカー&イアン・ホルト、

番由美子訳(メディアファクトリー)

993721_521157461300124_753776954_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろみ漬

四万温泉の宿で、

ちょこっと部屋においてあったもろみ漬。

これがうまいのなんのって。

だいたい、旅先で食べたもので

おいしいからって、買って帰ってくると

なんだか、あんまりおいしくない→

量が多すぎて飽きるのが関の山で、

おいしいと思っても買ってこないのだけど、

こればっかりは、お土産に買ってきて、

さらに帰ってきてから再注文してしまった。

こんにゃくと、たまねぎと、こんにゃくの中に

葉唐辛子とごぼうの入った鉄砲漬。

(ほかにもきゅうりとか長いもなどもあり)

漬かってる汁が、味も濃くなくてちょうどよく絶妙。

群馬県中之条にある吾嬬味噌醤油株式会社さんの作。

群馬県内でしか売ってないみたいだけど、

草津とかに行ったら、ぜひ食べてみて。

Cimg2393

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »