« 新パソ | トップページ | ローリング・ストーンズ »

ドストエフスキーと愛に生きる

仲間内からの情報で、急遽観にいくことに。

ドストエフスキーの作品をドイツ語に訳している

84歳翻訳者のドキュメンタリー。

ウクライナ出身のスヴェトラーナ・ガイヤーは、

スターリン、ヒトラーに翻弄された激動の歴史を生き抜いてきた。

現在はドイツの片田舎で静かに暮らすが、

料理、アイロンがけなど、アナログ的な家事ひとつひとつが

どういうわけか、彼女の生き方、果ては翻訳に

結びついているような印象を受ける。

まず、冒頭に出てくるのはアイロンがけ。

化繊ではない、母親が作ったという古いコットンのクロスや

エプロンをきれいに洗濯して、丁寧にアイロンをかける。

古いものを大切に使うヨーロッパ人らしい所作。

母親が刺繍したという文様を撫でながら、

糸が複雑に絡み合うファブリックに、

翻訳も、色彩や手触りの感じられる

言葉の綾なす織物なのだと言っているよう。

“言葉だけ理解しても足りない。全体を見て、愛さなければ”

翻訳者のはしくれとして、感じてはいるけれど、

実行できていない姿勢が、いちいち滲み出している。

どなたかも言っていたけれど、

突き詰めると、空から言葉が下りてくることがあるのだそうだ。

つまり、スヴェトラーナの言う、

“誰でも一度は言葉を話す魚に出会う”ということなのだろう。

ロシア語には、所有するという意味の単語がないという。

所有するという意味を表す場合は、英語でいうbyを使い、

つまり、所有する者は主語でなくなるというくだりが興味深かった。

“本を読んでも、経験を積んでも出てこない言葉がある”

究極、翻訳とはこういうものなのだと、いちいちぐさぐさくる。

できた原稿を、音楽の専門家に朗読してもらう作業は、

本当に必要だと思う。声に出して読み、文章に命を吹き込む。

自分でもやらなくてはいけないのに、ついつい時間に追われて

頭の中だけで完結してしまっている。

鉛筆を削る音、コーヒーカップを置く音、

ひとつひとつの場面が、たおやかな時間の流れの中で

積み上げられていくようだ。

全体的に感じたのは、彼女の翻訳者としての生きざまだけでなく、

それこそ歴史の糸が複雑に絡み合った

織物のようなヨーロッパのなんともいえない味。

ドイツ語ができたために、戦争を生き延びられたところもあり、

複雑な気持ちを抱えた生き証人でもある。

原題は、Die Frau mit den funf elephaten.

5頭の像と生きる女という意味なのだけど、

5頭の象とはドストエフスキーの

『罪と罰』、『カラマーゾフの兄弟』、『白痴』、『未成年』、『悪霊』の

5作品のことをさす。

観た劇場は渋谷のアップリンク。

座席がリサイクルショップからかき集めてきたような

さまざまな椅子なのがおもしろかった。

リクライニングソファみたいなのを選んで

ゆったりと鑑賞してきた。

Cimg3053

|

« 新パソ | トップページ | ローリング・ストーンズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/59206362

この記事へのトラックバック一覧です: ドストエフスキーと愛に生きる:

« 新パソ | トップページ | ローリング・ストーンズ »