« 怪談 | トップページ | 奇遇 »

日本のビール面白ヒストリー

寄る年波に勝てなくて、最近めっきり飲めなくなったが、
ビールが好きだ。
ところが、昔ほど飲めなくなったにもかかわらず、
代謝が悪くなっているせいで、
ビール太りまっしぐら。
昨今は、プリン体ゼロ、糖質ゼロ、なんて代物も
各社こぞって出しているが、
昭和生まれの人間なので?、頑固にビール一辺倒。
(ときには発泡酒も飲むけど)
で、なんとなくおもしろそうだったのが、
日本の国産ビールができるまでを綴ったこの本。
今でこそ、キリン、サッポロ、エビス、アサヒの
4大ビール会社が君臨しているが、
ここまでくるのに、それこそ紆余曲折。
ビールって、半分が税金だけど、
その課税が決まったきっかけ話がおもしろかった。
端田晶(小学館)

Cimg3375

|

« 怪談 | トップページ | 奇遇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/60286954

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のビール面白ヒストリー:

« 怪談 | トップページ | 奇遇 »