« 舟を編む | トップページ | ドラキュラZERO »

世にも不思議な物語

ついつい、こういう本には手がのびる。
幽霊というか、怪奇というか、
不思議な出来事を集めた短編集。
別にそれほどコワくないけど、
『再会』とか、ラストの『サリーに会ったときは』が
けっこう好きかなあ。
この本、届くのにすったもんだあった。
ポチッとしてからあまりに届かないので、
調べたら、配送業者の記録では“届けた”ことになってる。
でも、とにかく届いてないので、
発送元に連絡して、しかたがないので、
保障手続きをとるというところまでいったが、
しばらくしてから、何事もなかったかのように
ポストに入っていた。
これは、絶対に配送業者が誤配したに違いない。
配達員はきちんと投函したつもりだろうけど、
違う家のポストに入れてしまったから、
配達が遅れ、誤配された家の人が気がついて
うちに戻してくれたのだと思う。
が、発送元にしてみたら、
本当は届いているのに、届かないと
私が嘘を言って、詐欺を働こうとしたと
疑われても無実の証拠はないよね。
今まで、何十回と本を買っているけれど、
こんなことは初めて。
配達員もたくさん届けるものがあって、
忙しいのだとは思うけど、それが仕事なんだから、
もうちょっと気をつけてきちんと配達してもらいたいものだ。
レノア・ブレッソン、尾之上浩司訳(扶桑社)

Photo

|

« 舟を編む | トップページ | ドラキュラZERO »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/60551663

この記事へのトラックバック一覧です: 世にも不思議な物語:

« 舟を編む | トップページ | ドラキュラZERO »