ダンス

エオンナガタ

被災地支援も兼ねて

ここ一ヶ月ほど日本に滞在している世界的ダンサー、

シルヴィ・ギエムと、

ロベール・ルパージュ、ラッセル・マリファントの三人による

ダンスパフォーマンス。

ルイ15世のスパイだったという実在の人物、

シュヴァリエ・デオンが題材。

この人物、人生の前半を男として、

後半を女として生き、

男なのか、女なのか物議をかもしたという

オスカルさまのような謎多き人。

その生涯を、スポットライトや鏡を効果的に使って、

男とも女ともとれる表現をしていたのが、

とてもおもしろかった。

Cimg0171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラッシュモブ

インターネットを通じて呼びかけられた群集が、

道路や公園など公共の場にぱらぱらと結集し、

いきなり踊りだしたかと思うと

さっさと解散していなくなってしまう行為を

フラッシュモブというのだそう。

マイケル・ジャクソンや、MCハマーや、ビヨンセの曲で

踊りだした群衆を、まわりの通行人が唖然として見ていたり、

参加しちゃったりする光景も、すごくカッコいい。

全世界で行われてるクールなパフォーマンス。

こういうの、中国や北朝鮮でやったらどうでしょう?

連行されそうになったら、ダンスしてるだけ~とか言って、

密かにデモ運動するってのはいかが?

http://karapaia.livedoor.biz/archives/51974413.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルヴィ・ギエム

世界的に有名なプリマ、シルヴィ・ギエムが

アクラム・カーンと踊る「聖なる怪物たち」を観て来た。

インド舞踊のカタックをベースにバレエの要素はほとんどない。

舞台も現代美術のようなシンプルなつくりで、

ヴァイオリン、チェロ、パーカッションの演奏者がそでにいて、

遠くへと飛翔するようなどこか異国を思わせる歌がとてもよかった。

語りを入れた踊りも思索的で、静かでとても興味深い。

人間の体っていろいろな表現ができるんだな。

Dsc02569

| | コメント (0) | トラックバック (0)