歴史

昔のこと

先日、実家に帰って、

リサイクルショップに売れそうなものを物色しながら

押入れをゴソゴソ。

母の懐かしいものが出てきた。

若かりし頃にあちこち旅行した先のパンフなど、

よく昭和レトロ居酒屋とかに

おいてあるような年季の入ったもの。

きゃーきゃー言いながら一緒に見てたら、

手紙が出てきた。

蔵王温泉にスキーに行くのに宿泊予約をしたのだろう。

その宿から、予約確認の手紙とパンフ。

母の母、つまりわたしの祖母は山形の出身。

実はその宿、母方の親戚がやってたらしい。

この事実は初めて知った。

今、あそこの温泉を大変気に入って、

毎年のように蔵王にスキーに行っている自分がいる。

そういうわけで惹きつけられてたのか、と

なんだか、不思議な縁を感じた。

現在はその名前の宿はないようだが、

屋号を変えて営業しているかもしれない。

もう祖母は亡くなっているし、

山形サイドの親戚は私はまったく知らないけれど、

ちっとだけ血がつながった人たちが

あそこの地でまだ暮らしているのだろうと思うと、

なんとも感慨深い。

自分が年くったせいか、

こういう歴史を、すごく調べてみたい衝動にかられる。

この間読んだ、コワい『残穢』のようなことはごめんだが、

年寄りがまだいるうちにぜひ聞いておきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義士祭

12月14日は、赤穂浪士討ち入りの日。

初めて義士祭に行ってみた。

まずは、両国回向院近くの吉良邸跡。

昔は広い屋敷だったろうけど、

今はこんなほんの一角。

Cimg1499_4

Cimg1493_4

Cimg1495_3

みしるし洗いの井戸。

Cimg1498_2

法要やってました。

Cimg1503_2

続いて、四十七士が眠る泉岳寺へ。

Cimg1505_2

噂どおり、けっこうな人。

みんな、TDLのエレクトリカルパレードよろしく、

四十七士の御成りを待ってる。

Cimg1518

裏道が素敵。

Cimg1513

井戸発見。水出ます。この奥は墓地。

Cimg1517

墓守の素敵なおうち。

タイムスリップしたような空間だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武士の古都 鎌倉

横浜方面で女子会があったので、

出たついでに、県立歴史博物館でやってる

鎌倉展に飛び込んできた。

ホントは金沢八景と鎌倉と、3館合同でやってるので

みんな観たかったのだけど、

期日がないので、とりあえず一番近いところに。

頼朝による鎌倉幕府以降の出土品の展示なのだけど、

長年神奈川に住んでると、やはり鎌倉武士には

なじみがあり、とてもおもしろかった。

武士だけでなく、庶民が使っていたものなどもあり、

地名になじみがあるだけに、ほお、あそこかと興味深い。

郷土史って、ホントにおもしろいなあ。

自分の住んでる、縁のある場所で

昔、何があったのか想像するだけでわくわくする。

また、歴史博物館が古くて素敵な建物で、

なんともいい雰囲気。

Cimg1480

Cimg1482

こないだ、なぜかひこにゃんも来たらしい。

Fig08s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大脱走』の裏側

スティーヴ・マックイーン主演の

有名な『大脱走』は史実を元にした映画だが、

その裏には第二次世界大戦の熾烈な情報戦の秘密が隠されていた。

という番組を見た。

ドイツの捕虜収容所に押し込められていたアメリカ兵たちが

地下トンネルを掘って脱走した(結局は失敗)のは周知の事実だが、

彼らの一部はただの捕虜ではなかった。

背後にはアメリカ政府内に秘密裏に存在した

MIS-Xという情報機関が深く関わっていて、

空軍のパイロットが半ばわざと捕まるように仕向け、

やりとりした手紙に暗号を仕込んで捕虜たちから

ドイツ軍の様子を探っていたというのだ。

さまざまな道具を検閲にひっかからない物に仕込んで送ったり、

まさに007のX顔負けの隠密作戦。

このように捕虜を半ば利用するような行為は

ジュネーブ条約に反するため、

戦後、MIS-Xに関することはすべて闇に葬られた。

関係者も口をつぐんだまま墓場へ行ったが、

生き残りのひとりが最近になって事実を公表して

明るみになったという。

まさに事実は小説より奇なり。

ケネディ暗殺の真相などもそうだが、

歴史に埋もれた驚愕の事実がまだまだ眠っていそうで、

早く機密文書が公開されないかと

思っているものも多々ある。

なんとも興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)